日々進化していく料理教室

カーナビを使わないと、海馬が増大する。電車で通勤する人は、通勤時間も勉強計画に組み込める。では、車で通勤している人はその移動時間中、どうしたらいいか。
携帯電話だって安全運転の妨げになるくらいだから、テキストを読みながら運転することはとてもできない。送迎車付きの社長や役員のように、誰かに運転してもらい、後部座席に座ってゆったりと勉強というわけにもいかないだろう。
できるとすれば、英語などのテープを流して耳から勉強することくらい。しかし、神経をそちらに集中すると、どうしても安全運転への注意がおろそかになるのでお薦めし難い。
車で通勤する人は自宅・会社の移動時間を、勉強には使えないとして、端から諦めるべきなのか。私は、そうは考えない。
テキストなどを使った暗記作業はできないが、その時間を利用して、海馬をパワ−アップすることはできるからだ。その方法は、カーナビを使わないで、毎日別の道を走ることだ。
もちろん、道路マップも見てはダメ。少し遠回りになったり迷ったりして、時間はかかることもあろうが、その代わり海馬の体積が知らずしらず増大していくので、結果として、効率的な勉強につながっている。
冒頭で、ロンドン市内のタクシー運転手は、道路事情が複雑であるがゆえに海馬の体積が普通の人より多い、というマクガイアの研究を紹介した宿泊)。海馬をパワーアップできることは、脳科学的に証明されているのである。
最近のカ−ナビは、そこを曲がれ、そこで高速を降りろと、要らぬお節介だといいたいほど、懇切丁寧にナビゲーションしてくれる。渋滞情報もつかんでいるから、便利といえば、便利この上ない。

しかし、便利なものには弊害もある。運転している人間が頭を使わなくていいので、海馬も鍛えられない。
ロンドンのタクシー運転手だって、カ−ナビを使うようになってしまえば、マクガイアの研究成果を「過去の話」にしてしまうにちがいない。便利な機械の弊害といえば、携帯メ−ルもそう。
とにかく漢字変換がめちゃくちゃな人が少なくない。パソコンのワープロソフトで文章を書く場合には変換に注意を払う人でも、携帯メ−ルを打つときはスピード優先で、打ち込んだ文章を見返すという作業も省きがちだからだろう。
画面が小さく、キーが少ない分だけ入力が面倒、変換システムもパソコンみたいに万全ではない。気ばかり焦って、「さあ打ち込んだゾ。
エイヤ−」でいきなり送信してしまうのだろうが、送られた側はびっくりしてしまう。まあ、「帰る」が「返る」や「変える」になっていようと、「買って」が「勝って」や「勝手」になっていようと、音を頼りに意味は通じる。
しかし、日本語(漢字)はいつから「表意文字」ではなく「表音文字」になってしまったのか。携帯メ−ルで育った子どもたちが大人になったころ、日本語の表記はどうなっているのかと、将来を憂える国語学者もいることだろう。

最新の情報で専門学校探しのサポートをいたします。
専門学校探しに役立つ情報をまとめています。
安心、信頼の専門学校情報を豊富に提供しています。

最新の発毛情報を、皆様へ配信するサイトです。
あなたの知らない発毛のお得情報を用意いたしました。
人気上昇中の発毛に関する情報が満載です。

料理教室探しにぴったりの情報を提供いたします。
口コミと評判と体験からわかる、失敗しない料理教室情報の選び方を紹介します。
安心できる料理教室をご提案いたします。

サンプル